CORE ASP API
共通
▶ 初期設定
▶ 証明書の有効期限確認
▶ デバッグ用通知
全体通知
▶ 事前登録
▶ 事前登録(複数トークン)
▶ 通知履歴取得
▶ フィードバック取得
▶ 起動数登録
▶ メッセージ送信
▶ スケジュール通知
▶ セグメント通知
リッチ通知
▶ 事前登録
個別通知 ⇒詳細はこちら
▶ イメージ図
 ①事前登録
 ②ユーザー属性登録
 ③メッセージ送信(旧:同期方式、1000件単位)※非推奨
 ④メッセージ送信(新:非同期方式、1000件単位)
 ⑤メッセージ送信(新:全件依頼、管理画面に送信履歴表示)
 メッセージ送信API移行手順
CORE RESEARCH
▶ アンケート履歴 new
アカウント作成
CORE ASPをご利用になるには
先ず無料会員登録が必要です。

事前登録

事前登録 API
概要
iPhone、Androidのデバイストークンを登録するAPI

API
iPhoneへの登録 api.core-asp.com/iphone_token_regist.php
Androidへの登録 api.core-asp.com/android_token_regist.php
※個別通知を行う場合はこちらをご参照ください。

リクエスト(POST形式)
(iPhone、Android共通)
パラメータ 必須 SDK自動送信 説明
config_key 要設定 設定キー
(管理画面のホームメニューに表示しています)
9b8cdedbfa669cf03c31c4f1807ddcce
device_token デバイストークン
(通知送信用のID)
534b427adddad4a079ef4c875b4a9c1
bd9d01565cd2da4960ed2b5e058e0fb71
mode 登録モード
(登録:1/削除:2)
1
device_id - 要設定
(送信ON/OFF, ONの場合暗号化の有無)
UDID
(初期値:1)

※iOSでは2013/5/1からリジェクト対象になりますので設定しないで下さい。
0e2d208177b6f7da0a4ed7fb0f9659d274a376
category_id - 要設定 カテゴリID(初期値:1)
詳細カテゴリの設定はjson形式の配列。
※文字コードはUTF-8で送信。

【一次元カテゴリ例】
SDKの使用方法はこちら
設定例は※1を参照。
【二次元カテゴリ例】
SDKの使用方法はこちら
設定例は※2を参照。

一次元カテゴリと二次元カテゴリは併用できませんのでご注意ください。
以下のフォーマットで送る事。
①整数:1
②1次元配列:3,5,17
③2次元配列:{"1":"男性","2":"音楽,映画"}
lat - 要設定 緯度 35.681382
lon - 要設定 経度 139.766084
device_name - 端末名 iPhone4S, SC-02C
os_version - OSバージョン iOS4.3.2
last_use - 最終起動日時
(初期値:リクエスト日時)
※マルチタスクの場合、初回しか登録されませんので最終利用日時をより正確に更新する為には本APIを任意のタイミングで再登録して下さい。
2012-06-14 13:36:45
app_user_id - 要設定 ユーザID(ユーザ間連携で使用)
(初期値:リクエスト日時, 半角英数20桁以内)
AB000000001

※1 一次元カテゴリ設定例
例)単一のカテゴリを設定する場合
category_id=3
例)複数のカテゴリを設定する場合
category_id=1,2,4

※2 二次元カテゴリ設定例
例)key1に性別が設定されており、男性を選択する場合
{"1":"男性"}
例)key2に趣味が設定されており、音楽と映画を選択する場合
{"2":"音楽,映画"}
例)複数のカテゴリ設定を登録する場合
{"1":"男性","2":"音楽,映画"}
※二次元カテゴリの値に「",<>」は使用できません。
※二次元カテゴリの値は事前に管理画面で登録しておく必要があります。


レスポンス(JSON形式)
パラメータ 説明
status 成功:0/失敗:1
成功時
{
status:"0"
}
失敗時
{
status:"1",
message:"parameter is invalid."
}