スタートアップガイド

NEWS
2016/11/27CORE RESEARCHCORE RESEARCHをリリースしました。new
・CORE RESEARCHをご利用頂くにはCORE PUSH SDKの導入が必要です。
・管理画面の詳しい使い方につきましてはこちらをご確認ください。
・CORE RESEARCHで配信したアンケート履歴を取得するためのAPIを公開しました。 ・CORE RESEARCHに対応したサンプルアプリのソースをGitHubに公開しました。
※旧バージョンのCORE PUSH SDKを使用されているアプリにCORE RESEARCH機能を追加される場合、最新のCORE PUSH SDKと差し替えることでご利用いただけます。

2016/9/19CORE PUSHリッチ通知をリリースしました。
・詳しくはこちらをご確認ください。

2016/7/23CORE PUSH新しいサンプルプログラムを公開しました。
・Android用にFCM対応のプッシュ通知サンプルプロジェクトを公開しました。
・iOS用にSwift版のサンプルプロジェクトを公開しました。
※ FCMのiOSには対応しておりません。

2016/5/20CORE PUSH以下の機能を追加いたしました。
・CORE PUSH APIのページにフィードバック取得APIを追加しました。
・CORE PUSH APIのページにスケジュール通知APIを追加しました。
・CORE PUSH APIのページにセグメント通知APIを追加しました。

2016/4/19CORE PUSH以下の機能を追加いたしました。
・CORE PUSH APIのページに事前登録(複数トークン)を追加しました。
・管理画面内の通知履歴の失敗件数確認ページにCSVエクスポート機能を追加しました。

2016/2/14CORE PUSHiOSのCORE PUSH SDKにおいて、以下の 不具合を修正しました。
・SDKにBitcodeが正常に埋め込まれていない不具合を修正
・アプリのビルド時に大量のSDK内部の警告が出力される事象を修正
ご迷惑をおかけしますが最新のSDKにアップデートをお願いいたします。

2016/1/21CORE PUSHiOSのCORE PUSH SDKにおいて、CONFIG KEYの設定時にまれにクラッシュする不具合が発生しておりましたので修正しました。
ご迷惑をおかけしますが最新のSDKにアップデートをお願いいたします。

2015/12/27CORE PUSH■Appleの証明書の仕様変更につきまして
2015年12月17日にAppleのプッシュ通知の証明書に仕様変更があり、弊社にて検証を行った結果をご報告させて頂きます。
既存の証明書:有効期限が切れるまでは引き続きご利用できます。
新しい証明書(Appleの証明書発行画面のDevelopment):開発(sandbox)専用の証明書が作成できます。この証明書はCORE PUSH管理画面の「開発環境証明書」に設定してご利用いただけます。
新しい証明書(Appleの証明書発行画面のProduct):本番、開発両方環境の統一した証明書が作成できます。この証明書はCORE PUSH管理画面の「開発環境証明書」「本番環境証明書」の両方に設定してご利用いただけます。

2015/12/27CORE PUSH■2016年以降のアプリアップデートについて
AppleからアナウンスされているIPV6とhttpsの対応について、CORE PUSHは本日対応させて頂きました。
2016年以降にアプリをアップデート、公開される場合は、CORE PUSH SDKの最新版へアップデートをお願い致します。

2015/12/19CORE PUSHCorePush-iOS-SDKにCorePushSampleのSwift版のサンプルプロジェクトを追加しました。

2015/12/7CORE PUSH管理画面iPhoneメニューのリアルタイム通知画面から個別端末(本番環境、開発環境(sandbox))へプッシュ通知を送れるようになりました。リリース済みアプリ、開発用アプリでプッシュ通知の配信確認が可能になりました。

2015/12/7CORE PUSHCORE PUSH APIに、メッセージ送信API(非同期方式、1000件単位)を追加しました。これまで1000件単位のリクエストのフィードバックに時間がかかっていましたが非同期でレスポンスを返すことで高速化に成功しました。ただしプッシュ通知の成功・失敗の結果は取得できません。APIの仕様はこちらをご覧ください。

2015/12/7CORE PUSHCORE PUSH APIに、メッセージ送信API(全件依頼)を追加しました(推奨)。これまで1000件単位のリクエスト制限がありましたが、全件のリクエストを受け付けることができるようになりました。ただし全件同じタイトル・メッセージの場合にご利用いただけます。プッシュ通知の成功・失敗は管理画面で閲覧することができます。APIの仕様はこちらをご覧ください。

2015/11/16CORE PUSHCORE PUSH APIのページにデバッグ用通知 API(共通)を追加しました。

2015/11/16CORE PUSH11/13にプッシュ通知の速度向上のためにプッシュ通知を行う前のキュー作成のサーバのスペックを二倍に増強しました。またAPIサーバの数を増強しました。

2015/11/3CORE PUSHCORE PUSH APIのページにメッセージ送信 API(全体通知)証明書の有効期限確認 APIを追加しました。

2015/9/20CORE PUSHiOS SDKをアップデートしました。READMEにXcode7、iOS9への対応についてを追記しました。App Transport Security(ATS)への対応とBitcodeへの対応についてはREADMEをご確認ください。

2015/7/13CORE PUSHスタートアップガイドABテストの方法ログの確認ページを追加しました。

2014/7/4CORE PUSH通知送信リクエスト APIにリクエストパラメータを追加しました。

2014/4/14CORE PUSH導入実績ページを更新しました。

2014/4/1CORE PUSH通知プレビュー機能、絵文字パレット機能、証明書期限お知らせ機能、お問合わせ履歴機能の追加

2013/6/25CORE PUSHセグメント通知をスケジュール予約出来るよう機能を追加しました。

2013/4/30CORE PUSHCORE PUSHの配信数が1億を突破しました!

2013/4/30CORE PUSHAndroid C2DMのサポートを終了しました。

2013/4/27CORE PUSHスタートアップガイドを追加しました。

2013/4/23CORE PUSH「リアルタイムトークン数」「カテゴリ設定」「リリース設定」を追加しました。

2013/4/21CORE PUSHスタートアップガイドを公開しました。

2013/4/9CORE PUSHSDKをアップデート(端末ID非送信)

2013/4/6CORE PASS国内初、iPhoneアプリ「STORE PASS」公開

2013/3/26CORE PASS国内初、Androidアプリ「STORE PASS」公開

2013/1/10CORE PUSHアクセス解析機能公開

2012/12/19CORE PUSHSBMとPassbook発行・管理システムの販売で協力

2012/12/1CORE PUSHCORE PUSH SDK 3.1(Hyuga)公開

2012/10/29CORE PUSHCORE PUSH SDK 3.0β 公開(iOSのみ)
※Android版と管理画面の正式公開は11月上旬予定

2012/8/1CORE PUSHCORE PUSH SDK 公開

2012/8/1CORE PUSHCORE PUSH Developer サイトオープン




アカウント作成
CORE ASPをご利用になるには
先ず無料会員登録が必要です。
PEMファイル作成ツール
iPhoneアプリの通知用証明書の
作成方法と簡単作成ツールです。
GCM(Android)通知設定
Androidの通知に必要なProjectID,
API Keyの作成方法を説明します。
デバイストークンの確認
通知をに必要なデバイストークン。
既にストアにリリース済みのアプリでの
を調べ方を説明します。